読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rocorinne bookworm

INPUTして、OUTPUT。

綾瀬はるかのバルサ 「精霊の守り人」

雑記

NHK放送90年、大河ファンタジーですよ!どうでしょう!?

www.nhk.or.jp

 

f:id:rocorinne:20160320220814p:plain

  

原作を読んだのはかなり以前だったのですが、主役のバルサには、もっと大柄で年配の女傑をイメージしていました。

 

でも、原文を読み返してみるとそうでもありません。

 バルサは今年三十。さして大柄ではないが、筋肉のひきしまった柔軟な身体つきをしている。長い油っ気のない黒髪をうなじで束ね、化粧ひとつしていない顔は日に焼けて、すでに小じわが見える。

  しかし、バルサをひと目見た人は、まず、その目にひきつけられるだろう。その黒い瞳には驚くほど強い精気があった。がっしりとした顎とその目を見れば、バルサが容易に手玉には取れぬ女であることがわかるはずだ。――そして、武術の心得のある者が見れば、その手強さにも気づくだろう。

 

もうすぐ31歳になる綾瀬はるかさんに割とぴったりですね。お肌のきれいなことで定評のある女優さんですが、ドラマ中では結構泥だらけの顔をしていることが多かったです。

 

綾瀬はるかバルサか~。どうかしら?と思いましたが、思いのほかNHKが力を入れているようなので、第1話を観てみました。

 

シーズン1、全4話となっていて、お話の進み具合からして、「精霊の守り人」(守り人シリーズの第1巻)が、シーズン1ということになるのかなと思います。3年続けてやるということですが、なんで一度にやらないのかな?来年になったら忘れてしまいそう……。

 

第1話、おもしろかったです。綾瀬はるかもよかったし、ドラマも原作の感じを損なうことなく、よくできていると思いました。周りの役者さんたちも、第1話では未登場の人も多いですが、平幹次郎御大や、藤原竜也くん(もう、お父さん役をやるようになったのね……)もよかったと思います。

 

本編の前に、

精霊の守り人」のナゾをとけ!食わず嫌いのための大河ファンタジー入門

という番専番組を観たのですが、短槍(たんそう)、文字通り刀くらいの長さの短い槍ですが、短槍の名手バルサを演じるため、綾瀬はるかが受けた訓練を、「百獣の王」武井壮も受けてみる、という場面で、アクションシーンの大変さが伝わってきました。

 

ただ、海外ドラマを見慣れている目からすると、巨額の製作費を投じるアメリカのドラマに比べて、画面の絵のちゃちさは否めません。日本のドラマでSFやファンタジーが盛り上がらないのは、この辺りにも問題ありですね。問題というより、壁?

 

 

さて、綾瀬はるかさんです。

話題の原作があるものを演じることが多いですね。この頃。

原作があるだけじゃなく、話題になっていてファンも多いものを演じるのは大変だろうと思いますが、どれも見事にこなしていると思います。

やるなあ、綾瀬はるか

 

 

 

精霊の守り人」のバルサ

精霊の守り人 (新潮文庫)

精霊の守り人 (新潮文庫)

 

 そういえば、アニメ版もあるんだった……。観たことないけど。 

 

 

  

「私を離さないで」のキャシー

www.tbs.co.jp

 ドラマは日本が舞台ですから、名前はキャシーではありませんが。

 

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

 

 カズオ・イシグロの原作本を読んだ時の衝撃はなかなか忘れられませんでした。

ページを繰るごとに明らかになっていく秘密……。ネタバレで読んでは決していけない本だと思いました。

 

これも、映画になっているんだった。

 

キャシー役は、キャリー・マリガン。イギリス人の演技派若手女優です。

ルースは、キャシーに比べて華やかな美人という設定なので、キーラ・ナイトレイ、二人ともぴったりでした。

 

TBSのドラマはちらりとだけ観たのですが、ルース役は知らない女優さんでちょっと美人度が足りなかった、と言ったら、有名な女優さんだし十分きれい、と友人に怒られました。ごめんなさい。綾瀬はるかさんは、おちついた”キャシー”役にぴったりだと思いました。ちらりと観ただけですが……。

 

 

海街ダイアリーの長女、幸  

 

 原作漫画は、吉田秋生

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃 (flowers コミックス)

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃 (flowers コミックス)

 

 

 この記事を書いたときは、原作はよんでなかったのですが、

rocorinne.hatenablog.com

 

kbooksさんのこの記事を見て、めでたく第1巻をゲットしました。ありがとうございます!

kbooks.hatenablog.com

吉田秋生さん、女の子もきれいに描けるようになったのね。原作もとてもおもしろかったです。