読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rocorinne bookworm

INPUTして、OUTPUT。

イギリスのグラミー賞、ブリット・アワード 2016

ありがとう、MTV Japan!

今年もブリット・アワード(BRIT AWARDS)を放送してくれて!\(^o^)/

 

ブリット・アワードというのは、イギリス最大の音楽賞で、「イギリスのグラミー賞」と言われています。

 

会場は、ロンドンのO2アリーナという所ですが、ゴールデン・グローブ賞みたいに、セレブリティがテーブルを囲み、会食しながら行われる披露宴形式のセレモニーで、舞台が客席の中央です。かっこいいですね~。受賞者は、中央の舞台に乗ると、「えーと、どっちに向かってしゃべればいいの?」とよく言ってました。

f:id:rocorinne:20160329131930j:plain

 

 

80以上部門のあるグラミー賞と違って、カテゴリーはとてもシンプルに作られています。

ブリティッシュ

ソロ・アーティスト賞

男性

女性

グループ賞

ブレイクスルー・アクト(新人賞)

プロデューサー賞

シングル賞

アルバム賞

アーティスト・ビデオ賞

批評家賞

グローバル・サクセス賞

インターナショナル

ソロ・アーティスト賞

男性

女性

グループ賞

 
こんな感じ。常にブリティッシュ・インベイジョンを受けているグラミー賞から見ると、非常にブリティッシュ保護政策的で、英国以外の歌手が入る隙間は3部門しかありません。 笑

 

 

受賞結果は以下の通り。

英国

ソロ・アーティスト賞

男性

ジェームズ・ベイ

女性

アデル

グループ賞

コールド・プレイ

ブレイクスルー・アクト(新人賞)

キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン

プロデューサー賞

チャーリー・アンドリュー

シングル賞

アデルー Hello

アルバム賞

アデルー25

アーティスト・ビデオ賞

ワン・ダイレクション

批評家賞

ジャック・ギャラット

グローバル・サクセス賞

アデル

国外

ソロ・アーティスト賞

男性

ジャスティン・ビーバー

女性

ビョーク

グループ賞

テーム・インパラ

 

グラミー賞から1週間遅れの2/25に行われたのですが、アデルの25がしっかり対象に入っているので、4部門獲得です。アデルはビデオ賞にもノミネートしていましたが、1Dに持っていかれました。

今年はこの他に、ブリット・アイコン・アワード(BRITs ICON AWARD)が、
デヴィッド・ボウイに贈られました。

 

ホストの二人は、Ant & Decという、音楽系のコメディアンらしい。去年もホストをしていました。

f:id:rocorinne:20160329145857j:plain

 

オープニングは、コールド・プレイでした。かっこいい!

 

 

ブリティッシュ女性ソロに、5年前に亡くなったエイミー・ワインハウスが入っていて、ちょっとぎょっとしたのですが、彼女の伝記映画「Amy」のサントラが2015年にリリースされたので、ノミネートされたそうです。

 

部門受賞のアデルナイトだったのですが、アデルは一つ目の受賞あいさつで、渦中のケシャをサポートする、と宣言しました。ケシャは、音楽プロデューサーのドクター・ルークと係争中ですが、女性の擁護と権利問題として、波紋がどんどん広がっています。

 

 

グラミー賞をドクターストップで欠席したリアーナ、一週間後のブリット・アワードでは、新譜から2曲披露しました。

しかも、サプライズゲストのドレイクつき。さすが!

youtu.be

 

 

アデルがグローバル・サクセス賞を受賞した時には、国際宇宙ステーションからティム・ピーク宇宙飛行士がプレゼンターになる、という豪華さで……。

アデル号泣。

f:id:rocorinne:20160330002405j:plain

 (前作21のあと出産したり、)間が開いてカムバックできるかと思っていたのに、みんなに受け入れてもらえてとてもうれしい……。トッテナム出身の私が、国際的な賞をもらうなんてね、と言っていました。

 

アデルはとても気さく、というかフランクな物言いをする人ですが、この日3度目の受賞だから、私の話は飽きてるでしょうけど、というときに、curse word を使ってしまい、('I bet you're all f***ing bored of me.')それも話題にされておりました。

 

www.dailymail.co.uk

 

 

インターナショナル部門で受賞の、ジャスティン・ビーバーくんは、イギリスのチャートで、1,2,3位を独占した時があったそうです。彼もカナダ出身。

グループの、テーム・インパラはあまりよく知らないけど、オーストラリア出身。

ビョークは、アイスランド出身。

インターナショナル女性ソロで、ビョークって……。テイラー・スウィフトは無視かい?と思ってはいけません。めちゃ売れアルバムの1989は、昨年評価されて、テイラーは昨年インターナショナル女性ソロをもらっています。

 

 

デイヴィッド・ボウイの追悼は、ブリット・アイコン・アワードの授賞、という形で行われました。プレゼンターのアニー・レノックスが、彼をたたえます。

f:id:rocorinne:20160330010017j:plain

 

ボウイに代わってトロフィーを受け取ったのは、ボウイの親友、俳優のゲイリー・オールドマンでした。

f:id:rocorinne:20160330010122j:plain

 

彼がガンになったと知らせてきたとき、「いいこともあって、頬骨がもどってきたよ」と手紙にあったそうです。痩せちゃったんですね (T_T)

「最高の頬骨を持つ男……」

 

二人の感動的な追悼の言葉の後に、長年のボウイのバックバンドと、オーストラリアの若手歌手Lordeがパフォーマンスです。

ボウイはLordeのことを、future of music と言ったそうです。

www.youtube.com

バンドは本物なので、音楽が懐かしく、Lordeは緊張しているようではあったけど、素晴らしいステージでした。

 

いろんな人のパフォーマンスがありましたが、ウィークエンドは、グラミー賞アカデミー賞に続いてここでもパフォーマンス。映画に使われた Earned It でなくて、The Hills です。実力派ではあるけど、得してるよなぁ。

 

ウィークエンド、インターナショナル男性ソロでノミネートしていました。カナダ出身です。

 

最後は、アルバム賞を取ったアデルのパフォーマンスで終わりました。

曲は When We Were Young です。

 

www.youtube.com