rocorinne bookworm

INPUTして、OUTPUT。

「スリー・ビルボード」感想 アカデミー賞の最前線にいるのか!?

スリー・ビルボード」は、ゴールデン・グローブ賞で、映画ドラマ部門の作品賞、脚本賞、主演女優賞助演男優賞を受賞しました。アカデミー賞では6部門7ノミネートですね!!

作品賞、主演女優賞助演男優賞2人、脚本賞、作曲賞、編集賞と、主要部門にしっかり入っています。

 

その期待感からか、地味な映画の割に異例な早さの日本公開です。映画の日の今日から封切、観に行ってきました(^^♪

 

スリー・ビルボード

 


『スリー・ビルボード』日本版予告編

 

スリー・ビルボード (原題)Three Billboards Outside Ebbing, Missouri
2017年 イギリス・アメリカ
監督 マーティン・マクドナー
脚本 マーティン・マクドナー
キャスト
フランシス・マクドーマンド ミルドレッド
ウッディ・ハレルソン ウィロビー
サム・ロックウェル ディクソン
アビー・コーニッシュ アン
ジョン・ホークス チャーリー
ピーター・ディンクレイジ ジェームズ
上映時間 116分
レイティング 日本G 米国R
受賞歴
第90回 アカデミー賞(2018年)
ノミネート(発表前) 作品賞
主演女優賞フランシス・マクドーマンド
助演男優賞:ウッディ・ハレルソン
助演男優賞サム・ロックウェル
脚本賞マーティン・マクドナー
作曲賞:カーター・バーウェル
編集賞:ジョン・グレゴリー
第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)
受賞 最優秀作品賞(ドラマ)
最優秀主演女優賞(ドラマ):フランシス・マクドーマンド
最優秀助演男優賞サム・ロックウェル
最優秀脚本賞マーティン・マクドナー
ノミネート 最優秀監督賞:マーティン・マクドナー
最優秀作曲賞:カーター・バーウェル
第74回 ベネチア国際映画祭(2017年)
受賞 最優秀脚本賞マーティン・マクドナー

オフィシャルサイト:映画『スリー・ビルボード』大ヒット上映中!

IMDbThree Billboards Outside Ebbing, Missouri (2017) - IMDb

映画.com:スリー・ビルボード : 作品情報 - 映画.com

 

f:id:rocorinne:20180201182021j:plain

 この映画、とてもよかったです~~~。胸を揺さぶられるような場面が何度もあり、でもユーモラスな感じが全体にあって、最後まで引き込まれて観ました。眠くなるような映画ではありません(*'ω'*)!!(そんな形容って……。)

 

 

 

ビルボード、と言えば音楽業界誌からランキングの発表をするビルボードが思い浮かぶけれど、これは普通名詞で大きな立て看板のこと。

 

ミズーリ州エビングのはずれ。さびれた道の、長年使われていない3枚のビルボード。 ミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)はここに広告を出す。

ミルドレッド・ヘイズ。娘の殺人犯逮捕を求める強い女!

f:id:rocorinne:20180201183247j:plain

 

真っ赤な広告文を見つけたディクソン巡査(サム・ロックウェル)は、3枚目から読んで面食らう。3枚目「どうして?ウィロビー署長?」2枚目「まだ逮捕されていない」1枚目にはミルドレッドの娘の死因が書いてある。ミルドレッドは7か月前に殺された娘の事件解決を迫るため、バンダナにツナギの戦闘態勢だ。

 

さびれた場所に立てられたビルボードとはいえ、小さな町は大騒ぎだ。

ウィロビー(ウッディ・ハレルソン)は人望のある警察署長で、美しい妻と小さな二人の娘がいる。ミルドレッドに捜査状況を説明にくる。

 

 

 

 

以下、ネタバレの内容を含みます。

 

 

 

f:id:rocorinne:20180201184411j:plain

名指しで非難されたウィロビー署長は、ミルドレッドに自分が末期がんであることを告白して懇願するが、ミルドレッドは「そんなこと知ってるわ。町中知ってるわよ」彼女の決意は固いのだ。「警察は黒人の少年を暴行するばかりで、殺人の捜査はおざなりだ!」と鼻息が荒い。

 

警察や町の人だけでなく、ミルドレッドの息子もこの看板を見るのは辛い、と言い、別れた夫(19歳の動物園で働く女の子と付き合っている。きもっ!)にも非難され、ミルドレッド自身、反抗期の娘と交わした会話を思い出して辛い。

 

 

小さな町に衝撃的なことが次々と起こり……。

 

 

後半、ミルドレッドと敵対するのは、間抜けな巡査ディクソン。

f:id:rocorinne:20180201190021j:plain

ディクソン(サム・ロックウェル)のお腹がぼよ~んと大きくて、いかにも怠け者のダメ警官な感じがにおってきます。

 

この映画、娘を悲惨な状況で失った母、末期がんの署長、と辛いことが多く、しかもいくらがんばっても死んでしまった者は戻らない、というやるせなさもあるのですが、全編に漂うユーモアの色調があって、最後まで引き込まれて観ました。

 

 

小さい町の差別はあからさまでひどい。 Midget(ミジェット)と差別的になじられるジェームズが、ミルドレッドを助けてくれて、デートしたり。(ピーター・ディンクレイジ……ゲーム・オブ・スローンズの一番人気キャラ好演中)

f:id:rocorinne:20180201192309j:plain

 

 

 

 

この映画、私は……監督も役者もあまり知らない人ばかり( ;∀;)

 

監督が脚本も書いて、賞を取っているから、お話がおもしろいのは間違いない。

主演女優フランシスマクドーマンドは、映画の「ファーゴ」でアカデミー賞主演女優賞を受賞しているそうだ。TVドラマの「ファーゴ」シーズン1,2を観ましたがとてもおもしろかった!ので、映画のほうもチェックしてみよう。

 

署長役のウッディ・ハレルソンは、「ステイ・フレンズ」や「ゾンビランド」でちょっと変な人の役だったような。

f:id:rocorinne:20180201194258j:plainステイ・フレンズ

f:id:rocorinne:20180201194305j:plainゾンビランド

 

今回は人格者でいい感じの署長さん。アカデミー賞では、署長と巡査のふたりが助演男優賞でノミネートしていますが、どうなるでしょう?とても楽しみです。