読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rocorinne bookworm

INPUTして、OUTPUT。

ルノワール展とタカキベーカリーとおまけのジブリ大博覧会(その1)

美術展

なかなか更新ができず、遅くなってしまいましたが、先々週、久々に息子Aと六本木デートしました。

 

まずは、乃木坂で降りて、国立新美術館

オルセー美術館オランジュリー美術館所蔵

ルノワール

です。息子Aの手帳で入れてもらい、堪能しました。とってもよかったです!!

8月22日までなので、お勧めですよ~!

 

オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展|企画展|展示会|国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

f:id:rocorinne:20160723233301p:plain

《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》 1876年 油彩/カンヴァス  オルセー美術館

 

何がいいって、まず作品の点数が多く、見ごたえのある絵が多かったです!!

結構人は入っていたものの分散して楽しむことができていました。

こちらのサイトに詳しすぎる?解説があります。

renoir.exhn.jp

ルノワールの光り輝く、晴れやかな色彩、美しい女性たちの肖像、とても素晴らしかったです。なんだか、まぁまぁだと思っていたルノワールなのですが、やっぱりいいな!とてもいいな!と思いました。

 

同時代の他の画家の絵もあり、ピカソマティスも1点ずつ、いい絵が出ていました。ゴッホも2点ありましたが、あまりゴッホらしくない絵だったように思います。

 

今回、おみやげもいっぱい種類がありました。

オリジナルグッズ・図録|オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展|国立新美術館|2016年4月27日(水)〜8月22日(月)

 

これが私のおみやげです。

f:id:rocorinne:20160725221144j:plain

 一番下は、トレシー(眼鏡ふき(^^;)なのですが、左から、都会のダンス、田舎のダンス、ブージヴァルのダンスです。ブージヴァルのダンスは今回出展されてなかったと思います。ちょっと初々しく固い感じのする都会のダンスが私の好みですが、真ん中の田舎のダンス、陽気にはつらつと踊る娘が、ルノワールの奥さんになった人です。

ブージヴァルのダンスは、なんと名古屋で公開中でした!

ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影:概要|展覧会:展覧会一覧|名古屋ボストン美術館

 

 

ダブルクリアファイル

f:id:rocorinne:20160725220737j:plain

左側中央の《ジュリー・マネ》あるいは《猫を抱く子ども》

この少女が抱いているねこをモチーフにしたぬいぐるみや、他のグッズなんかもありました。最近大繁殖している猫好きの方にお勧めです。

 

クリアファイル 《ピアノを弾く少女たち》輝くような美しい絵でした! 

f:id:rocorinne:20160725221115j:plain

 長くなるので、その2につづきます。