読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rocorinne bookworm

INPUTして、OUTPUT。

図書館……。閉まってるよ!

雑記 今週のお題

今週のお題「年末年始の風景」

 

これは年末年始にも図書館を開けておいてほしい!という切なるお願いです。

 

私の息子(高2自閉症)は、私が図書館通いに付き合わせていたせいで、図書館大スキーになってしまった。

図書館は、彼が休みの日に一人でお出かけできる唯一の場所でもある。

家から徒歩10分余りの図書館は、予約、貸出、返却が全て機械化されている。

借りていた本は、滑り台型のブックポストに入れれば、滑り落ちる間に機械で読み取られ返却される。

予約した本は小部屋の棚に置かれていて、図書カードのバーコードをかざせば、どの棚に置かれているか一覧を伝票に印刷してくれる。伝票を見ながら本を集め、貸出機に本を置いて、図書カードをかざし、冊数を入力すれば貸出完了だ。

そして、館内の端末から検索して、借りたい本を登録すれば、区内の図書館から取り寄せておいてくれるのだ。

全て機械化されていて味気ないようだが、コミュニケーションが苦手で、決まりきった作業が大好きな彼にはぴったりの娯楽である。

その上彼は本が大好き!自閉症の人は能力に凸凹があるものだが、「話す、書く」は苦手な息子も「読む」は得意なので、ジブリやAKBやウルトラクイズやいろんな本を借りては、家で熱心に眺めている。

 

そんな彼にどうしても納得がいかないのが、図書館のお正月休みだ。

うちの自治体の図書館は、今回は年末年始が月曜日から月曜日までの8日間の休みである。毎日「図書館行きたいの」「図書館お休みなの」とつぶやく自閉症くん……。

 

でも、年末年始に一週間も図書館が閉まっていて、困っている人は他にもたくさんいると思うのだが。

毎日、新聞読んだりお昼寝している年配の殿方。

家では勉強に集中できない学生さんたち。

帰省した家族で膨れ上がった家から、少しの間、別世界に(ただで)行きたいお母さん。

 

図書館の人手がいるお仕事部分は、お休みしてもらってもいいのだが、建物は開放してもらいたいな。どうぞよろしくご検討ください!!

 

f:id:rocorinne:20160103135446j:plain

 イスタンブールの図書館。