読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rocorinne bookworm

INPUTして、OUTPUT。

映画「舞妓はレディ」・・・上白石萌音ちゃんの魅力

ギンレイホール 邦画

ギンレイホールで、「舞妓はレディ」を観ました。

ロードショーの時も観たいな~と思っていました。周防正行監督だし、楽しそうな映画だし、My Fair Ladyだし…。見逃していたので、ギンレイホールで上映されてうれしいです。

 「舞妓はレディ」予告 - YouTube

京都にある「下八軒(しもはちけん)」は、小さいけれども歴史がある花街(かがい)。だが舞妓が一人しかいないので、百春(田畑智子)は、本来20歳くらいで芸妓に昇格?するところ、もうすぐ30歳になるいまでも舞妓をしている現状だ。 

f:id:rocorinne:20150306195804j:plain

子供みたいに肩上げしている着物は、舞妓の証なのだそう。それもちょっと苦しい百春ねえさん。そこに、百春ねえさんのブログを見て、舞妓にして下さいと駆け込んでくる春子ちゃん。

f:id:rocorinne:20150306200712j:plain

なんと、鹿児島弁と津軽弁の混じった訛の持ち主。

言語学者で花街の言葉を調べている京野先生が、訛を矯正して舞妓に仕立ててみせる!と宣言する、花街版マイ・フェア・レディのお話です。

f:id:rocorinne:20150306200203j:plain

 映画「マイ・フェア・レディ」の、The rain in Spain stays mainly in the plain. というフレーズをヘップバーンが、「ディ・ライン・イン・スパイン・スタイズ・マインリー・イン・ディ・プライン」と発音する有名なシーンがありますが、それになぞらえて、「京都の雨はたいがい盆地に降る」という歌詞が出てきますが、こちらは何の発音練習にもなっていないので、原典を知ってる人向けのご愛嬌ですね。

盆地…(´艸`) 

 

春子役の上白石萌音ちゃんが、舞妓になりたい気持ちを朗々と歌いだすシーンがとても素敵で、よかったです。

f:id:rocorinne:20150306202729j:plain

上白石萌音ちゃん、1998年生まれの彼女がオーディションで役を射止めたのは14歳の時。小さくて、歌がうまくてかわいいです。

 

身長152センチの彼女はかわいい舞妓さんになります。

f:id:rocorinne:20150306203424j:plain

が、芸妓姿の草刈民代の姿の美しいこと!

この写真は芸妓の姿ではありませんが、一番右が草刈民代さん、周防監督(左端)の奥さまですね。ほれぼれしました。

f:id:rocorinne:20150306203641j:plain

 

上白石萌音ちゃんは、次は舞台の「赤毛のアン」ミュージカルでアンの役をするそうです。以前シリーズであった映画の「赤毛のアン」も、少女時代から同じ女優さんで背の低い人が演じましたが、

f:id:rocorinne:20150306204139j:plain

原作のアンは、ほっそりして背が高いのが魅力の女性に成長していったので、この配役に不満を感じていました。萌音ちゃんもちょっと小さすぎるのでは~。