rocorinne bookworm

INPUTして、OUTPUT。

マーガレット・ワイズ・ブラウン 『ぼくつかまらないもん!』

マーガレット・ワイズ・ブラウンにクレメント・ハードの絵が

古典として定着している『ぼくにげちゃうよ』

原題は Runaway Bunny です。

ぼくにげちゃうよ (海外秀作絵本)

「にげちゃうよ」と言う子うさぎに、「どこまでもおいかけますよ」と言う

お母さんうさぎ。クレメント・ハードの絵、味わい深くていいですね。

この話は子どもが何度も何度も読んで、とせがむような話で、

読んであげる母もぐっとくるお話だと思います。

 

今回、長野ヒデ子さん絵の新訳『ぼくつかまらないもん!』が出たので、

古典絵本の挿絵を描きなおし!?と思ってさっそく手に取ってみました。

ぼく つかまらないもん!

そこは長野ヒデ子さん、さすが只者じゃないです。

お魚になって逃げちゃう子うさぎを、お母さんうさぎは準備万端。

漁師グッズをすっかり用意して、元気に追いかけます。

より明るくアクティブになったお母さんうさぎに、

子どもたちは夢中になると思います。

また、原作は絵だけの頁を作っているため、

絵とお話が若干ずれる感じがありますが、

そこもぴったりにできているので、読み語りでも使いやすいと思います。

長野さんのかわいい絵で、よりたくさんの子どもたちに読まれるといいですね!